無償でお金を貸してくれる人は危険?「誰でもお金貸します」は要注意!

無償でお金を貸してくれる人は危険

無償でお金を貸してくれる人はいるかな?

タダでお金を貸してくれるならありがたいけど。

このような思いを持っている人もいます。

無償でお金を借りられるようであれば、審査などをほぼ経由することなく融資を受けられるので便利です。

一般的な融資ではほぼ出来ない状況を作り出し、速やかな融資も可能となる場合があります。

この記事では、無償でお金を借りられる方法があるか解説します。

この記事でわかること
  • 無償でお金を借りられる事例は危険
  • 実際にある無償でお金を借りる方法
  • 無償でお金を借りるより優れている方法
  • 無償でお金を借りる際の疑問解決

無償での借入を検討している人は、本当に方法として大丈夫なのかしっかり見ておく必要があります。

目次

無償でお金を貸してくれる人は危ないケースが多い

無償でお金を貸してくれる人の危険なケース

無償でお金を貸してくれる人は、危険な状況に陥るケースが多くなっています。

一般的な消費者金融の場合と比較して、無償でお金を貸してくれる人というのは次の違いがあります。

一般的な消費者金融無償でお金を貸してくれる人
審査を実施して融資するか判断する審査せずに自由に融資してくれる

一見すると無償でお金を貸してくれる人は優しいように感じられますが、審査をせずに融資するというのは危険な行為であり、トラブルに巻き込まれやすくなってしまいます。

また、無償でお金を貸してくれる人は怪しい人も多くなっており、次のような人物が関与している可能性もあります。

無償でお金を貸してくれる人に関わる人たち
  • 闇金業者
  • 反社会的勢力
  • 利益を目的として法外金利で融資する人

無償でお金を貸すというのは、ユーザーから絞りとるために色々な行動を取っているケースが多くなっており、闇金業者や反社会的勢力に関わる人物が多くいます。

関与していないと告げていたとしても、法外金利での融資を受ける可能性もありますので、安易に借りるのは危険です。

どのような場合でも無償でお金を貸す行為はあまり好ましくありませんし、審査もしないで融資を受ける行為は危険と判断したほうが安心できます。

SMBCモビットは国から認可を受けた消費者金融カードローンです。

無利息期間ありのため計画的に利用すれば無償で借入可能!

正規の貸金業者で借りれば18%以上の不当な金利は請求されません。

>>SMBCモビットの公式ページはこちら

借りるとトラブルに巻き込まれる可能性がある

無償でお金を借りれるのはトラブルの可能性

無償でお金を貸してくれる人からお金を借りると、トラブルに巻き込まれやすくなります。

お金を気軽に貸してくれるという部分では嬉しいところですが、借りるだけで大きな問題に直面するのは避けたいところです。

特にトラブルとして多くなっている事例は次のとおりです。

無償でお金を借りたときのトラブル
  • 利息が高すぎて返済できない
  • 厳しい取り立てが続く
  • 自宅まで支払うように求めてくる場合がある

無償でお金を借りるというのは、基本的に簡単に借りられるようにする代わりに多くのリスクを取るように求められてしまいます。

大半の場合は利息が高すぎて返済できない状況となってしまい、ユーザーは借りた金額を返せなくなってしまうのです。

また、厳しい取り立てが多くなってしまい、自宅までお仕掛けて支払うように求められてしまうケースまであります。

安心できる生活が揺らぐ可能性も高くなっていますので、無償でお金を借りる行為は避けたほうが無難です。

審査なしでお金を借りているため怪しい業者が関わっている

融資に関する審査の実施は法律で決められている

無償でお金を借りるというのは、審査なしでお金を借りるために怪しい業者が関与しています。

審査なしでお金を貸している人は次の業者や人しかいません。

審査なしでお金を貸している業者
  • 闇金
  • 怪しい個人間融資

闇金は審査しないで貸していることで知られており、利用すると人生に多大な影響を及ぼす可能性があるほど利用するリスクが高くなっています。

もう1つの個人間融資は、怪しい人物が多くなっており、裏に闇金業者が関与しているパターンも多数存在する為危険です。

審査をしないというのは怪しい業者が関与しているケースが多くなっていますので、基本的に審査なしで借りられる方法は取らないほうが無難です。

場合によっては返済するように求められる、高い利息を支払えない場合は無理にでも返済するように求めてくるなど、厳しい取り立てが待っています。

個人間の融資などは基本的に避けた方がいい

個人間融資はなぜ危険なのか

闇金業者を避けたとしても、個人間融資は避けたほうが無難です。

個人間融資というのは、業者と違い個人でサービスを提供しているものとしていますが、大半は次の問題を抱えています。

一般的な消費者金融個人間融資
金融庁から許可をもらっている業者金融庁から許可をもらっていない個人

個人間融資というのは無許可業者のケースが大半で、利用するのは個人間でお金を貸し借りするというものです。

当然金融庁の許可がありませんので、ルールに従って融資している人はないに等しく、ほぼ法外な金利を請求されるようになってしまいます。

個人間でお金を借りる行為はトラブルの素になりやすいため、基本的には利用しないほうがいいのです。

利用して大きな損失を出すくらいなら、安心して借りられる業者を利用していくのが一番理想的な手法です。

無償でお金を貸してくれる人や支援してくれる団体を解説!

無償でお金を貸してくれる人や団体例

無償でお金を貸してくれる人、支援してくれる団体は存在します。

現時点で利用できる方法としては次の手法があります。

無償でお金を借りられる方法

知り合いから借りる方法が一番使いやすいかもしれませんが、すぐに貸してくれる人が出てくるとは限りません。

支援してくれる団体としては社会福祉協議会がありますので、困っているときは相談してお金を借りられる方法を説明してもらうと安心です。

他の方法は厳しいので基本的に避けることがおすすめです。

ここからは、無償でお金を借りられる方法について詳しく説明します。

家族や友人、知人にお金を借りるケースも該当する

お金が足りない時に家族や友人、知人に相談してお金を借りるケースも無償で借りられる方法に該当します。

家族や友人、知人でお金を持っている人に相談すれば、希望している金額を融資してくれる可能性も十分あります。

その際はどれくらいの金額を融資してもらうのか説明した上で、返済予定日などをしっかり話し合って決めておくのが重要となります。

一番利用しやすい方法ではありますが、場合によっては家族関係や友人関係のトラブルに巻き込まれる可能性もあるため注意してください。

社会福祉協議会に相談するとお金を貸してくれる制度が紹介される

社会福祉協議会へ相談すると、お金を貸してくれる制度を紹介してもらえます。

社会福祉協議会では、次の借入方法について説明してくれます。

社会福祉協議会が提供する方法

2つの借入方法を提供しており、どちらも基本的に審査を経た上でお金を借りられる方法となります。

貸付額はあまり多くありませんので、少額の融資を希望する場合に利用する方法と判断してください。

また、社会福祉協議会は生活に困窮している場合の相談が可能となっていますので、生活に苦労しているようであれば相談してお金を借りる方法などを説明してもらうと安心です。

今回紹介する方法の中では、社会福祉協議会は比較的信頼性が高い業者です。

社会福祉協議会他の方法
支援してくれる人が相談に対応してくれる個人で解決しなければならない

社会福祉協議会の支援によって生活を立て直せる可能性もあります

安心して生活できる状況を作りたいと思っているなら利用していくのがおすすめです。

ただ、利用できる人が限られている部分もありますので、実際に対象となっているのか確認しておく必要があります。

個人間融資掲示板を利用する方法でも借りられる

消費者金融の審査に落とされてしまい、借りられる方法がなければ個人間融資掲示板を利用する手段もあります。

ネット上には個人間融資掲示板がいくつか存在しており、個人的に融資を実施している人がお金を貸すために色々な書き込みを実施しています。

個人間融資掲示板の仕組みは次のとおりです。

個人間融資掲示板の仕組み
  • 借りたい人が掲示板に書き込みを記載する
  • 貸したい側が条件に合う人を選んでメール等を利用して連絡
  • 融資内容を交渉し最終的に同意できれば融資
  • 利用者は期限までに返済する

貸す側が掲示板に書き込める方法もありますが、貸している人が勧誘目的で記載している場合は誘導目的とされるため禁止している掲示板も増えています。

利用する人は希望している融資額などを記載した上で相手を待つ必要があるものの、運が良ければ数日程度で融資相手を見つけられます。

ただ、個人間融資掲示板は法外な金利を請求されるケースが多くなっていますので、基本的におすすめできません。

相手が見つからないなどの問題も起こりやすくなっており、場合によっては何週間経過しても貸してくれる人が見つからない状況も起こってしまいます。

何も審査せずに貸してくれる闇金もある

審査を受けたくないと思っているのであれば闇金もあります。

闇金は消費者金融などのサービスと似たようなものですが、金融庁に届け出を出しておらず、無許可でサービスを提供している業者です。

無許可で提供しているため、金融庁が規制しているルールは対象に入らないものとなっており、自由に融資できる環境が整備されています。

しかし、闇金は電話をかけるなどして融資を相談するケースが多くなっており、現代の方法としては古い手法で対応しているためあまり接近するケースは見られません。

無償でお金を貸してくれる人で危険とされている3つの借り方

危険な3つの借り方とそのリスク

無償でお金を貸してくれる方法を取り上げましたが、無償でお金を貸してくれる人の中で危険とされている手法が3つあります。

危険とされている借入方法
  • 個人間融資掲示板
  • 闇金
  • 家族や友人からの借入

個人間融資掲示板は利用するのは非常に危険とされており、場合によっては闇金以上の危険度があります。

闇金は昔から言われている危険性があり、利用すると返済できないほどの負債を抱える恐れもあるので避けてください。

ここからは、利用するのは危険と判断されている借入方法を詳しく説明します。

個人間融資掲示板を利用する方法は極めて危険

個人間融資掲示板を利用する方法は極めて危険です。

理由は次の問題が関連しているためです。

個人間融資掲示板の問題
  • 融資相手から法外な金利を請求される
  • 返済日を守らなければ容赦なく厳しい取り立て
  • 反社会的勢力が関与している可能性が高い

個人間融資掲示板の金利は青天井とされており、どれだけ高い金利を差し出されても断れない状況が多くなってしまいます。

一般的な消費者金融と比較しても金利の数字がとんでもない数値を誇っています。

消費者金融個人間融資掲示板
どれだけ高くても20.0%金利の上限は無制限

場合によっては1ヶ月で100%以上の金利を求められる可能性があるなど、一般的な借入では適用されないような金利が平然と適用されてしまうため注意が必要です。

また、返済しなければ容赦なく取り立てを実施し、脅迫電話も平然と実施してくるため利用するだけで身の安全が保証されなくなってしまいます。

裏には反社会的勢力が絡んでいるケースも多々あるため、個人間融資掲示板で優しく対応してくれる人だったとしても、借りるだけで人生に多大な影響を及ぼすほど問題が起きてしまう可能性があります。

闇金を利用する方法も個人融資と全く変わらない危険度

闇金を利用する方法も個人間融資掲示板と変わらない危険性があります。

闇金というのは次の問題を抱えている業者です。

闇金の危険性
  • 法外な金利を適用する
  • 取り立てが極めて厳しい
  • 提供している人物が反社会的勢力

個人間融資掲示板と同じように、闇金も法外な金利を適用するケースが多くなっています。

闇金の場合は専門用語を利用して金利を設定するケースが多く、次のような言葉が利用されます。

闇金で利用されている金利用語
  • トイチ(10日で1割)
  • トサン(10日で3割)
  • トゴ(10日で5割)

上記の金利はすべて法外な数値となっており、年利に換算すると500%以上に到達しており、場合によっては3ヶ月で1,000%の金利が適用されます。

返済できないような金利を適用している業者を利用するのは非常に危険とされているため、闇金を利用するのは絶対避けてください。

また、取り立ては相当厳しく、返済できなければ自宅までお仕掛けて返済を求めるような行動を取ってくるため注意しなければなりません。

個人間融資掲示板と同等程度、場合によってはそれ以上に厳しい環境での借入となりますので、安易に利用するのは避ける必要があります。

家族や友人などを利用する方法もトラブルに巻き込まれやすい

家族や友人からお金を借りる方法もトラブルが多くなってしまいます。

一見すると知り合いからお金を借りる方法は安心できるように思われますが、次の問題が発生しやすくなっています。

家族や友人から借りる方法のトラブル
  • 返済日を過ぎると口論になりやすい
  • 金利などの話で問題になりやすい
  • 高額融資の場合は拒否されやすい

一番多いのは返済日のトラブルで、予定している日を過ぎても返済しなければ容赦なく取り立てられ、返さなければ関係を切られる可能性もあります。

また、借りる際の約束事でトラブルになるケースがあり、融資を受ける前に事実上喧嘩になって借りられない状況に置かれやすいのです。

高額融資は断られる可能性が高く、家族であっても大金を融資できるような状況を作ってくれないのもマイナス材料です。

全体的に家族や友人関係を悪化させる可能性が高い行動ですので、融資方法としてはおすすめできるものではありません。

無償でお金を貸してくれる人や団体を避けるべき4つの理由

社会福祉協議会以外で無償でお金を貸してくれる人や団体を避けるべき理由

無償でお金を貸してくれる人や団体の中で、社会福祉協議会を利用するのは問題ありません。

しかし、他の団体や個人を利用するのは非常に危険で、利用すると人生に大きな影響を及ぼしてしまいます。

お金を借りてはいけない理由として、次の4つが挙げられます。

無償でお金を貸してくれる人や団体を避けるべき理由
  • 法外な金利
  • 裏に潜んでいる業者
  • 厳しい取り立て
  • 人間関係の悪化

特に注意すべき部分は法外な金利が影響しており、返済できる状況に持っていけない点です。

また、人間関係が悪化する可能性もあるため、将来的に助けてくれる人がいなくなってしまうような状況が起きてしまう可能性があります。

ここからは、無償でお金をカシアてくれる人や団体を避けるべき理由を詳しく説明します。

法外な金利を請求される可能性が高い

知らない個人や団体からお金を借りると、法外な金利を請求されるケースが多くなっています。

すべての貸金業者は金利のルールを守るように求められており、次の金利を適用してお金を貸すようにしています。

10万円未満20.0%
10万円以上~100万円未満18.0%
100万円以上15.0%

最大で適用できる金利が決められていることを考えると、消費者金融を利用してお金を借りるのは決して悪い方法ではありません。

しかし、個人間融資掲示板を利用する方法や闇金を利用する方法では、規定されているルールを無視して法外な金利を適用させられてしまいます。

先程も説明した通り、闇金だとトイチやトサンのような金利説明によって、年間の金利で1,000%以上に到達するケースまで存在しているのです。

法外な金利で貸すのは出資法違反となりますが、基本的に気づかれなければ次のように処理されてしまいます。

法外な金利で借りた場合の対応
  • 借りたものは返済しなければならない
  • 返済できない場合は債務整理等を実施しなければならない
  • 訴えても刑事罰で対応するように求められる

気づかれない状態だと借りたものは返済するように求められ、返済できない場合は闇金業者などを相手にして債務整理という形を取らなければなりません。

結果的に法外な金利で余計な手間がかかってしまうなどの問題もあるため、借りてしまうと大きな問題が起きてしまうのです。

裏に悪質な業者が関与して人生に影響を及ぼす

個人間融資掲示板や闇金を利用する場合、裏に悪質な業者が関与しているケースが多くなっています。

悪質な業者というのは裏社会にいるような人物で、大半が次の分類に属しています。

悪質な業者
  • 反社会的勢力
  • 半グレ
  • 個人で犯罪のような融資をしている人物

反社会的勢力が関与しているのは非常に厄介であり、常に付き纏われて生活に大きな支障をきたしてしまうような状況が生まれてしまいます。

半グレだったとしても似たようなものですので、どちらにしても危ない団体が関与しているのは間違いありません。

中には個人的に悪質な融資を実施している人もいますが、すべてのパターンで悪質な融資に該当するものばかりとなっており、法外な金利を適用して困らせてくるのです。

おかしい団体を利用するのは将来的に苦労することばかりになってしまいますので、利用しないほうが安心して生活できます。

厳しい取り立てを受けてしまい生活できなくなる

一番の問題として挙げられるのは、厳しい取り立てによって生活できなくなってしまう点です。

個人間融資掲示板や闇金は返済を絶対条件にしているケースが多く、返済しないで放置している人間は許さない方向です。

返済しないで放置している、または逃げたと思われる借り主については容赦なく次のような行動を取ってきます。

厳しい取り立てに該当する行為
  • 本人に対して執拗に返済するように求めてくる
  • 家族に対しても返済するように求めてくる
  • 孤立させて誰も助けられないような状態にする

基本的には本人に対して返済するように延々と求めてきて、自宅まで取り立てる方法はもちろんのこと、電話などを駆使して返済するように常に求める状態が続きます。

また、個人が返済できない場合に備えて、家族に対して返済するように求めてくるパターンもあるなど、家族を巻き込んで返済するような状況を作ってしまうのです。

最後の手段として本人を孤立させてしまい、誰も助けられないようにしてから厳しい取り立てで追い込むパターンを使い、返済できない場合は暴力などの行為もあり得ます。

返済できない状況に陥るとかなり状況的に辛くなってしまいますし、返済できない時点でほぼ生活が詰んでしまう状況もあり得るため、変な団体から借りるのは避けるべきです。

人間関係が悪化して助けてもらえなくなる

家族や知人から借りる方法では、人間関係の悪化が問題視されています。

一番問題となるのは、借りたのに返済予定日までに返済しなかったという事例であり、本来の返済予定日より遅れてしまったために今後の付き合いを避けられるというパターンです。

人間関係が悪化してしまうと、単純に次の借入ができなくなってしまう状況に置かれます。

しっかり返済する返済に遅延する
次の借入も認めてくれる場合がある次の借入は断られる

次の借入ができなくなると、家族や知人から借りる方法が使えなくなってしまうため、消費者金融が使えない状態になると闇金に頼らざるを得ない状況となります。

闇金に手を出すと返済不能に陥ってしまうのは間違いないことですので、借入状況を少しでも良くするために返済は義務として進めなければなりません。

しかし、何らかの都合で返済できないと人間関係の悪化は避けられず、借入拒否や関係を持たないようにするなどの対応で苦しみます。

借りられる相手どころか助けてくれる相手も見つからなくなってしまうのは、単純に生活する際の苦労も増やしてしまうのです。

どうしてもお金を借りたいときはカードローンを使おう

お金を借りたい時にカードローンを利用すべき理由

どうしてもお金を借りたいと考えているときは、個人間融資掲示板や闇金を利用することなく、カードローンを利用する方向で進めてください。

カードローンを利用するのは現在の借入では非常に重要となっていますし、闇金を利用するよりもリスクが大幅に軽減されていますので安心して借入ができます。

消費者金融も昔は危ないとされていた部分があるものの、現在は改善が進んで安心できる状況となりましたので、安心して融資を受けたいときは消費者金融を利用するのもいい方法です。

何よりも一番のメリットは金利がある程度把握しやすいところにあります。

消費者金融闇金
上限金利が記載されており安心上限金利が不明で不安要素が強い

消費者金融や銀行のカードローンは金利の上限が記載されているため、記載されている数字を見ておけば問題ないと判断できます。

何も記載されていない闇金に比べると圧倒的に利用しやすいのは間違いなく、安心して融資を受けられます。

金利を低くしたいという人は少し厳しい状況に置かれますが、金利にこだわらない人は借りられる場所も増えているため安心して審査を受けられるのです。

カードローンは一般のローンよりも審査が甘め

カードローンは一般のローンよりも審査基準が甘くなっているケースが多くなっています。

一般のローンというのはフリーローンやマイカーローンなどが存在しますが、カードローンはより融資しやすい状況を作るために審査基準を甘くしているケースが多いのです。

最大の理由は金利面の違いであり、カードローンは金利が高く設定される傾向が強いのです。

一般のローンカードローン
金利を低くして返済負担を減らす金利を高くして借りやすくする

金利を高くすると審査基準を甘くしても返済される金額である程度回収できるようになるため、返済されないリスクが軽減されているのです。

一般のローンは金利を低くして返済負担を減らし、審査基準を厳しくして借りられる人を制限する方向ですので、審査を通過できないケースも多々あります。

カードローンは金利面で高いというマイナス要素を持っているものの、審査の部分では基準が緩和されているので安心して申し込めるようになっています。

ある程度収入を持っていれば返済能力を示せる

カードローンはある程度の収入を持っていれば返済能力を示せます。

収入をしっかり持っていれば、借りる金額に対して返済できる力が存在すると判断され、返済できる状態を作れるようになるのです。

また、消費者金融の場合は総量規制が影響しており、年収の3分の1までしか借りられない状況が作られています。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています。

日本貸金業協会

名目上は過度な借入から守るためという部分もありますが、返済能力に合わせて契約できるように総量規制を適用させ、より返済されやすい環境を作り出しているのです。

銀行のカードローンでは適用されていないものの、近年は自主的に実施しているケースもあるなど、総量規制は身近な存在となりつつあります。

総量規制が適用されていれば返済能力に合わせた借入が可能になりますので、あまり収入を持っていない人でも返済能力に合わせた借入が期待できます。

少額の借入も期待できるため大きな融資を受ける必要はない

少額の借入も期待できるのがカードローンです。

カードローンの最低借入額は1万円から設定されているケースが多く、最低の利用限度額は10万円程度に設定される傾向が強まっています。

消費者金融のカードローンなどでは、最低借入金額と最大借入金額を範囲で提供しているケースが多くなっています。

アコムのカードローンの契約極度額は「1万円~800万円」です。

アコム公式コラム

アコムの事例では最低契約額が1万円に設定されていますので、少ない金額でも契約できる状況を作り出しているのです。

他のローンだと最低契約金額が高くなってしまう可能性があり、場合によっては相当な負担を強いられてしまいます。

消費者金融フリーローン
1万円から契約できる30万円程度からの契約が多い

少額から借りられるのはカードローンの強みであり、多くの金額を借りなくてもいいと思っているのであればカードローンを利用したほうが圧倒的に有利です。

特に消費者金融のカードローンは即日で借りられるためおすすめ

特におすすめできるのは消費者金融のカードローンです。

消費者金融カードローンの強みは次のとおりです。

消費者金融カードローンの強み
  • 即日融資が可能
  • 自動審査でマイナスポイントをすぐに把握
  • 適切な借入額の設定

消費者金融は即日融資が可能となっており、どうしても当日中にお金を借りたいと思っている場合には融資を依頼する方法が使えます。

スマホで完結!最短20分融資も可能です!

アコム公式

アコムでは最短20分という融資スピードを誇っているため、すぐに融資を受けて借りられる状況を作り出してくれます。

また、スピード感のある審査も実施し、自動審査でマイナスの要素を確認し、おかしいと感じられるところをすぐに確認してくれるのです。

適切な借入額も設定される点が大きく、借りすぎの状況も作られないことから初心者は消費者金融を利用するのがおすすめです。

無償でお金を貸してくれる人に関するよくある質問

無償でお金を貸してくれる人に関するよくある質問

無償でお金を貸してくれる人へのよくある質問を見ていきます。

無償でお金を貸してくれる人は審査をしていないのですか?

無償でお金を借りてくれる人は審査を実施していないケースが多くなっています。

家族や知人の借入は当然審査をしていないで貸していますし、闇金や個人間融資掲示板は審査を実施していません。

審査をしないため借りやすいように思われますが、審査の代わりに法外な金利で返済できないようにするパターンが多くなっています。

かなりハイリスクな状態となっているため、基本的に審査なしの借入は避けてください。

無償でお金を貸してくれる人を信用してもいいですか?

無償でお金を貸してくれる人は、あまり信用しないほうが無難です。

何もリスクを背負わないでお金を借りられるように見せかけて、実際には相当なリスクを背負わされる可能性が高くなっているためです。

特に闇金や個人間融資掲示板では、法外な金利でリスクを軽減させるような方法を採用しており、どう考えても信頼できないような状況にします。

無償でお金を貸してくれる団体などはリスクが高いため利用しない方が安心です。

個人間融資掲示板には闇金業者が多く潜んでいるのですか?

個人間融資掲示板には闇金業者が多数潜んでいます。

一見すると個人が提供しているように思われますが、実際には闇金業者が個人を装っているケースが多くなっているのです。

闇金個人間融資掲示板
堂々と闇金業者が活動している個人を装って闇金業者が活動している

闇金と個人間融資掲示板は事実上同じような仕組みで融資しているものと判断して構わないものですから、利用は避けたほうが無難です。

1度でも利用すると闇金特有の取り立てで苦しんでしまいます。

消費者金融は無償でお金を貸してくれる団体ですか?

消費者金融は無償でお金を貸してくれる団体ではありません。

消費者金融は審査を経てお金を貸してくれる団体であり、対価を支払わずに利用するという観点では外れています。

また、消費者金融は返済時に利息も求めているため、無償で借りている状況は作られないのです。

基本的に消費者金融は闇金や個人間融資掲示板のような方法を採用していないものと判断してください。

ブラックでも消費者金融を利用すべきですか?

ブラックの人でも消費者金融を利用したほうが無難です。

闇金や個人間融資掲示板を利用すれば借りられますが、返済できる状況にならないどころか取り立てが厳しく、場合によっては生活に大きな支障をきたしてしまいます。

ブラックでも消費者金融を利用していけば、場合によっては融資してくれる会社に巡り会える可能性があります。

ブラックでも消費者金融を利用できるパターン
  • 特定の業者だけブラック扱いとなっていた場合
  • 中小の消費者金融が審査して認めた場合
  • ブラック状態が解消されていた場合

自分はブラックだと思っていた場合でも、うまく消費者金融を利用していけば借りられる可能性がありますので、諦めず消費者金融へ相談していくように心がけてください。

無償でお金を貸してくれる人はほぼいない!審査を受けてお金を借りよう

無償でお金を貸してくれる人はほぼいないと判断して構いません。

審査なしでお金を貸してくれる人や団体は怪しいところが多いため、利用すると人生に多大な影響を及ぼし、最悪の場合は自己破産などの未来が待っています。

間違った借入をしないためには、審査をしっかり実施しているカードローンを利用するなどして、必要な資金を調達するように心がけてください。

お金が足りないときは金融庁に届け出をしている業者を利用するのが一番いい方法で、許可をもらっていない個人や団体は利用しないほうが無難です。

目次